検索
  • 採用担当

なぜカーブスは普通の運動施設と全然違うのか!?


以前「カーブスのお仕事=運動指導にあらず!?」という記事を書かせていただきました。カーブスと普通の運動施設と全く違ったアプローチで運動サポートをしているわけですが、カーブス誕生秘話を知っていただくと、その背景が良く分かると思います。


1992年、アメリカ・テキサス州に生まれた小さなクラブ、それがカーブスのはじまりでした。創業者のゲイリー・ヘブンは、13歳のときに母を亡くしています。原因は長い間悩まされていた糖尿病、高血圧、肥満。長年にわたり大量の薬を処方され、飲み続けていました。


ゲイリーは大きくなるにつれ、「母のような人を助ける仕事をしたい」と思うようになり、医学の道を志します。ところが、「薬と治療だけでは母のような人は救えない。母のような人に本当に必要なのは正しい生活の習慣。しっかり運動をして、食べ物に気を付けること」だと気づき、フィットネスクラブをつくるという夢に向かって歩み始めます。


「お母さんのような女性が通えるフィットネスクラブをつくる」という夢に向かって、様々に工夫をし、苦労をしますが、うまくいきませんでした。フィットネスクラブに来るのは体を鍛えたい男性や、既に健康で元気いっぱいな若い女性ばかり。それから20年近くが経ち、1992年米国テキサスの小さな町に、それまでとは全く違う小さなフィットネスクラブをオープンしました。それが「女性だけの30分フィットネスカーブス」の誕生です。


この小さなフィットネスクラブが多くの女性に支持をされ、全米に広がり、やがて世界に広がり、日本にもやってきました。現在で日本に約2000店舗を展開するまでに至ったカーブスの歴史は、こうやって始まったのです。


TSUKIWAでも創業者のゲイリーの志を受け継ぎ、「福井の女性を元気にしたい!」との思いでカーブスを運営しています。共感してくださった方は、ぜひ一緒に働きましょう。まずは説明会&職場見学のお申込みをお待ちしております♪

閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示