検索
  • 採用担当

スタッフの声④:中途採用したコーチにインタビュー

更新日:9月1日


弊社のスタッフのほとんど(約9割)は業界未経験で入社しプロのコーチになっていくのですが、中にはフィットネスクラブで働いた経験のあるスタッフもいます。そんなコーチの生の声をご紹介します♪



Q.どんなきっかけでフィットネス業界で働き始めましたか?


京都の専門学校でスポーツ医療を学んでいたのですが、途中でフィットネスジムのスタッフを志望するようになり、卒業後は京都のフィットネスジムでインストラクターとして働いていました。スタジオでエアロビの講師をさせていただいたり、京都から滋賀県に異動したこともあったり色々と挑戦させていただけて、それなりにやりがいを感じながら働いていました。



Q.どうして福井のカーブスで働くことになったのですか?


だんだん実家の両親のことが気になってきたこともあって、地元の福井に戻ることになりました。それで地元で結婚して、子どもの出産もして、それでも働き続けたい気持ちはずっとありました。母親が子どもを見てくれると言ってくれたので、どうせ働くならフルタイムで頑張りたいと思ってフィットネスクラブの求人を見てみたのですが、夜遅くまで営業してるし、夜間の募集が多かったので、やっぱり子どもがいたら難しいと思ったんです。


そんな時にハローワークでカーブスの求人を見て、他のフィットネスクラブよりも営業時間が短くて、お店が近くにあるし、これなら働けるかもと思ったんです。以前からお店の近くを通ったときに楽しそうな笑い声が聞こえてきて、中を覗き見たこともあって気にはなってたんですよ。



Q.実際に働き始めてみて、普通のフィットネスと違う部分も多かったと思いますが?


前の職場と全然違うのでびっくりしました(笑)研修もすごく多くて覚えるのも大変で。普通のフィットネスクラブって、カーブスみたいにメンバーさんと積極的に関わったりしませんし、安全にマシンを使っているかを遠くから見守るだけで、運動指導をすることもそんなになかったんです。カーブスは真逆ですよね。メンバーさんの名前や「どうしてカーブスで運動を続けてくださっているか」を一人ひとり覚えたりして。最初はこんなに色んなこと覚えられるかなって不安でしたけど、時間をかければ意外とできてしまうんですよね。覚えるとメンバーさんが喜んでくださるので、自然とできてしまうのかもしれません。



Q.カーブスで働き始めて、自分のどんなところが成長できたと思いますか?


実はもともとは他人にあんまり興味がない方で、最初の1年はメンバーさんへの声掛けも作業的にしかできなくて、正直言って何度か辞めようかと思ったこもあります。でも頑張って1年続けてみたら、だんだんとメンバーさんのことを思って声掛けをできるようになってきて、仕事が楽しくなってきたのはそこからですね。


実はカーブスで働くようになって、プライベートでの人との接し方も変わりました。夫や友達と話をするときに、相手に一歩踏み込んで話せるようになって、以前よりも良い関係をつくれるようになったなって思います。自分で言うのも何だけど、人間として成長できたのはカーブスのおかげですね。


入社当時は若かったので、最初は年上の方に対する言葉遣いも苦手だったのですが、メンバーさんみんな優しいから、「こういう時は〇〇って言うんやざ」って優しく教えてくれて、メンバーさんに育ててもらえたなーって本当に感謝してます。



Q.最近副店長にキャリアアップしましたが、意気込みを教えてください!


部活ではずっとソフトボール部で、高校生の時にキャプテンになる話が一度あったんですけど、顧問の先生の「優しすぎて難しいのでは?」という意見で、なれなかったことがあるんですよね。


リーダーになる、上司になるという経験をこれまでしたことがなかったですし、そのチャンスをいただけること自体が有難いことなので、思い切ってチャレンジしてみたいです。これまで店長に頼っている部分も大きかったのですが、店長を支えられるように気持ちを切り替えて頑張りたいですね。


【関連記事】

スタッフの声①:新卒採用したコーチにインタビュー


スタッフの声②:中途採用したコーチにインタビュー


スタッフの声③:高卒採用したコーチにインタビュー

8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示